あなたが主役の結婚相談所アイ・マリッヂコラム オガワです。
茶髪のほうのアドバイザー オガワです。
ホントは、左右の色を分けたいくらいなマッシュルーム オガワです。
あ、しつこいですね。

o0640064013476955919

写真を撮るときはほぼ変顔です。
今日も半目ですね。

今日も読んでいただきありがとうございます。
もう11月ですね。

先日は市原でお仕事してきました。
その前は横浜に行ってきましたが、ナビってホントに便利ですよね。
もうすぐ運転もしなくなっちゃう日が来るのかな。
なんだか、信じられないけど、近い未来ですね。

先日、私が「普通の字のたけださん」と言ったら、黒髪のアドバイザー武石は「竹田」って書きました。
私の普通は「武田」だったのです。

私がコンサートに行って、12時近くに帰ってきました。
昭和に主婦をやっていた実母からしたら「子供がいる主婦がこんな時間まで!」でした。
実母にとって「普通の主婦」は夜は家にいる。
でも「私の普通の主婦」はたまには夜遊びもする笑。

学校の授業、明治維新のころの総理大臣の授業、小6の子供達は「男ばっかりだ~!」と感想を言いました。
そう今は大臣に女性もなります。
全然、今それ普通だから。

CMでは男性がトイレ掃除をして、奥さんが車の運転をします。
旦那さんが夕飯の支度をして、奥さんが疲れた~と帰ってきます。
平成の普通の夫婦の在り方

スマホも、電気自動車も、ナビも、LINEも・・・
少し前なら考えられなかった今の普通、そして未来が、今は目の前です!

今、自分が考えている「基準」や「ふつう」って、あくまでも、独身の今の環境で出している「基準」や「ふつう」でしかないわけです。
相手がいて、いろいろな状況になったら、世界観も変わってくる
距離が遠い?
お休みの日が合わない?
なんだか今のちっぽけな基準だと思いませんか?

そんなことより、その人と一緒にいる時の自分の心に手を当てて、聞いてみて!と思います。
「楽しい!」
「うれしい!」
「大好き!」
(ってなんか聞いたことがあるような。)

その気持ちを大事にしましょうよ♪

相手といっぱい話して、妥協点や着地点を見つければいいんです。
ちょっと許しあえれば、なんてことはないこともたくさんあります。
距離なんて思ったより楽々飛び越えられるかもです。

変わることを恐れずに。
だからこそ二人になるんですよ。
二人で二人の「ふつう」を作ればいいんです。
周りが何と言おうと。

o0640085413476958960

その人に出会うまで、ずっと一緒に捜しますよ。